【ネタバレ注意】【ラブライブ!】【BiBi】「錯覚CROSSROADS」について語る回

皆さん、コンニチハ(^o^)

昨日、久々に近所のレンタルビデオ屋に行きました。

前回にこの店に寄った時(おそらく半年前くらいだったか)と比べると、商品のレイアウトに微妙な変更が加えられていて、それまで店の奥まった場所にあったCDのアニソンのコーナーが、店の玄関から入ってすぐの場所に移動されていました。栄転したのでしょうw

その中でも「ラブライブ!」楽曲のCDについては、入口に一番近い場所に、売れ筋になっていそうな作品がひと際目立つように、ジャケット面を表にして置かれていましたが、タイトルの本数自体は、以前と比べるとずいぶんと減っているように見えました。
ベスト盤Ⅱを置いたので、それに収録されているシングルCDが棚から姿を消したのでしょう。

そこに、最近リリースされたBiBiの「錯覚CROSSROADS」が置いてありました。これは購入しようかどうか目下迷っていたところで、とはいえ、ここに置いてあるのならば、僕の現状は下層貧民のしみったれなので、迷わずレンタルしました(^^;

それでは、曲を聴いてみた感想をこれから述べていこうと思うわけですが、長い記事を書くと評判が悪いので、今回はサラッと簡単に行きましょう♪

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【錯覚CROSSROADS】

歌の内容は単純に失恋ソングのようですね。ほぼ一か月前にリリースされたlily white「思い出以上になりたくて」のBiBi版みたいな!? 

リリホワの「思い出以上になりたくて」が、いわば「悲壮感」のある歌で、悲哀の中にも前向きな健気さが感じられましたが、それに対して、こっちの方は、詞の中に「悲愴感」が漂っていて、「時を巻き戻して・・・戻りたい」みたいな、率直な後ろめたさを感じさせます。大人のビターな味わいがしますね!

こういうのは、前向きな健全さを売りにした「ラブライブ!」楽曲の中では、どちらかというと異例な部類に属するのかもしれません。ついでに言うと、BiBiっぽくもないような。。。
・・・そんなことを思いました。

こういう時期に、意外にもこういう曲が出てくると、μ’sのファイナルシングルがどんな曲になるのか、ますます気になりますね(^ω^)

曲調は、個人的な音楽の嗜好からすると、何の変哲もなくインパクトに欠ける気がして、「最後のサビの部分はもっと転調させて、さらに恨めしさを出した方がよかったんじゃないか?」などと思ったりしました。しかしここも、ひねこびた抑制を効かせているのでしょう。

そのような、曲自体の持つインパクトの足りなさが功を奏したのか、このことによって、かえってボーカルがさらに際立っているようにも思えてきて、殊にPile様の、あのクセのある独特な歌声が印象に焼き付きました(^^♪

この曲は、おそらく基本路線としては、ボーカルの味わいを堪能するべくして作られたのでしょう。つくづく大人な曲ですね♫(じろん)


【PSYCHIC FIRE】

「サイキック・ファイアー」・・・タイトルがカッコいいっすね!
サイコロジカル・ファイアー」でなくてよかったですね(イミワカンナイ)

またトランスな、ノリノリでイケイケでパラパラな曲をフィーチャーしましたねwww
「Cutie Panther」「Trouble Busters」に続いて、BiBiは2000年な曲が好きですね(^o^)

視聴動画では「東方みたい」というコメントが流れていましたが、なるほど、この曲を連想しました(笑)


作曲・編曲は森慎太郎さんですか。・・・「Angelic Angel」は、ずいぶんと大人びた曲でしたが、それに対してこっちの方は、子どもたちにウケそうな曲っぽい???
「にこ!まき!エリーチカァァァァァ…」は、その極みっすねwww

この曲には、ファンの低年齢化が反映されていると、そんな気がしなくもない???
「にこちゃんの曲」な感じがして、いいですね(^^♪

歌の内容は「Trouble Busters」の続編を思わせる感じがしなくもないような?!

個人的な主観では、BiBiには、ファー・イースト・インターナショナル(極東地域の国際的)なムードが感じられて、(歌詞も含めて)こういう曲は、BiBiらしくていいかも(^ω^)

草の根的な国際感覚を身に付けることは、よい子の社会教育にも貢献することでしょう。

で、曲の途中で咽(むせ)てるのは、誰っすか???

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

以上、「錯覚CROSSROADS」「PSYCHIC FIRE」を聴いた感想をそれぞれ述べてみました。前者は「大人の曲」、後者は「よい子の曲」・・・そういう結論になりました(^o^)

考えてみれば、BiBiというユニットの持つ魅力というのが、実のところ「大人のクールさ」と「子どもの無邪気さ」が両極となって磁場を形成し、そこで発生する力学にあったのではないか。そのようにも思います。

しかしまあ、公式は「にこまき」推してますねwww


・・・今回は、これくらいにしておきます。それでは、ごきげんよう⊂(^ω^)⊃

【2016/1/30追記】

5thライブの映像を観ていたら、BiBiの魅力の源泉が「BiBiパワー」にあることが確認され、
「BiBiパワー」の原理は、いわばモーターの原理に例えることができそうで、えりまきが磁石の両極で、にこちゃんがコイルで、観客の声援が電流になって、これらの条件が満たされるとビービ ビッビッ ビビビ!!!と、BiBiダイナモにサイキックなパワーが発生して、衣装がサイリウムチェンジして電飾ドレスになるという・・・そういうことみたいですねwww